日本ペドロジー学会2022年度大会・第61回公開シンポジウム・第7回ワンポイントセミナー・第67回野外巡検のお知らせ(第2回)

日本ペドロジー学会2022年度大会・第61回公開シンポジウム・第7回ワンポイントセミナー・第67回日本ペドロジー学会野外巡検のお知らせ


日本ペドロジー学会2022年度大会

 日本ペドロジー学会は,2022年度大会(8月19日)を以下の要領で開催いたします。本大会は,ポスターセッションおよび公開シンポジウムの2部構成です。ワンポイントセミナー(8月18日)と野外巡検(8月20日~21日)も開催いたします。なお,新型コロナウィルス感染の状況によっては,大会とワンポイントセミナーは、オンラインによる開催、野外巡検は中止になる場合があります。その場合は,7月31日までに学会ホームページでお知らせするとともに、参加登録者に接続先情報等をメールでご連絡いたしますので,事前確認をお願いします。

日  時:2022年8月19日(金) 9:30-17:30

会  場:菅平高原国際リゾートセンター(長野県上田市菅平高原1223-1751)
      アクセス案内 菅平高原観光協会(https://sugadaira.com/
日  程: 
  9:00- 受付開始
  9:30-11:30 ポスターセッション
  昼食
  13:00-13:30 総会
  13:30-17:30 公開シンポジウム

大会実行委員長:前島 勇治(農研機構)

参加費等:公開シンポジウムの対面参加は無料です。ポスターセッションの参加は発表の有無に関わらず, 2,000円となります(オンラインの場合も参加費は同じです)。

事前参加申込: 2022年7月22日(金)までに別紙の「大会参加申込書(Word)」にてお申込みください。または、下記googleフォームより、必要事項をご送信下さい。

ポスターセッション発表申込について:
 発表希望者は,参加申込用紙より事前参加登録を行うとともに,電子メールにて2022年7月22日(金)までにA4サイズ1枚の要旨を添付ファイル(Windows版 MS-Word)で下記の送付先までお送りください。ただし,発表者(〇印がある人)は学会員に限ります。
  要旨作成のフォーマットは,表題(MSPゴシック 14ポイント,中央揃え),発表者氏名・所属(MSPゴシック 12ポイント,講演者名の前に〇印),1行以上空けて,本文(MSP明朝 10~12ポイント)を記載して下さい。余白は,上下左右,ともに25㎜以上空けてください。
 ポスターは A0サイズ(幅90㎝×高さ120㎝のボードに貼れるサイズ)で作成をお願いします。オンライン開催となる場合は LINC Biz によるポスター発表になります。オンライン開催の場合はポスターPDFファイルの事前提出をお願いする予定ですので,早めのご準備をお願いいたします。 なお,発表要旨はペドロジスト誌(66巻2号の予定)に掲載いたしますので,予めご了承ください。

参加費の支払い:参加受付された申込者には,後日電子メールにて振込先をお知らせしますので,参加費を2022年7月1日(金)から8月12日(金)の間にお振込みください。

申込書および要旨送付先

筑波大学生命環境系 浅野 眞希(あさの まき)
E-mail: pedologyr4@gmail.com  電話: 029-853-4621
第61回公開シンポジウム「自然保護・環境教育に貢献するペドロジー」

趣 旨:地球環境問題の解決やSDGsの実現において、土壌が人間社会や自然生態系で果たす役割を理解する重要性は益々高くなっています。本シンポジウムでは以下のご講演をいただき、ジオパークや世界遺産などでの自然資源保全活動や地域教育におけるペドロジーの役割と連携について、参加者とともに考え、ペドロジーがより一層、自然保護・環境教育に貢献するために議論したいと考えています。

プログラム:
1. 趣旨説明                          13:30-13:40
2. 「自然環境保護活動における土壌の位置づけ」(仮)      13:40-14:20
                   若松 伸彦氏((公財)日本自然保護協会)
3. 「土壌を研究する面白さと認知度向上への挑戦」        14:20-15:00
                        藤井 一至氏(森林総合研究所)
(休憩)
4. 「農・食・環境をつなぐ土壌からみた窒素問題」        15:20-16:00
        林 健太郎氏(農研機構農業環境研究部門,総合地球環境学研究所)
5. 「ジオパークをめぐる環境教育の理念と実践」         16:00-16:40
                           山本 隆太氏(静岡大学)
6. 総合討論                          16:40-17:30

コンビーナー: 浅野 眞希(筑波大),若林 正吉(農研機構),高橋 純子(筑波大)

宿泊・アクセスについて:
・菅平の宿泊施設はペンションが多く,夏季繁忙期につき,早めの予約をお勧めします。
・ビジネスホテル・シングルルームをご利用の場合,JR上田駅周辺が便利です。
 JR上田駅からのアクセス(路線バス利用):上田駅お城口バス乗り場より菅平高原リゾートセンター前下車(片道500円,約45分)。
 上田バス http://www.uedabus.co.jp/sugadaira/sugadaira.html
・自家用車でのご来場も可能です。
・筑波大学菅平実験所の宿泊利用を希望する場合は,下記,問い合わせ先までご連絡ください。シングルルームはございません。新型コロナウィルスの感染状況,実験所の利用状況によって,宿泊できない場合があります。

備 考:
・大会・野外巡検・ワンポイントセミナーの詳細は,随時,日本ペドロジー学会ホームページに掲載いたします。
・大会参加登録・ポスター発表要旨の登録締め切りは,2022年7月22日(金)です。本誌66巻1号の発刊は登録締め切りと前後しますので,参加登録の手続きに関しましては,ホームページの掲載情報,もしくは問い合わせ先へご確認ください。
・対面方式の大会開催が困難な場合,ポスターセッション,公開シンポジウム,総会, ワンポイントセミナーはオンライン開催となる可能性があります。巡検については状況によって中止とさせていただきます。

日本ペドロジー学会2022年度企画・第7回ワンポイントセミナー
「ジオパークと土壌教育」

 日本ペドロジー学会2022年度大会の前日の午後,下記の集会を企画いたしました。みなさんのご参加をお待ちしております。

日  時 :2022年8月18日(木)15:00~18:00

会  場 :上田創造館2Fコミュニティーホール大(長野県上田市上田原1640)
      アクセス案内 上田創造館ホームページ
     (http://www.area.ueda.nagano.jp/sozokan/access.html

趣  旨 :具体的な土壌教育のプログラムや,地理教育・ジオパーク教育の実施例について話題提供をいただき,土壌教育の普及について,気軽に交流・意見交換ができる場にしたいと考えています。

プログラム:
1. 講演「土壌教育の体験・参加型プログラムの意義と実例」(仮)
                      森 圭子氏(埼玉県立川の博物館)
2. 講演「ジオパーク教育と土壌教育の接点はどこだ~地理教育の視点も交えて~」(仮)
                          山本 隆太氏(静岡大学)
3. 質疑応答

参加方法:2022年7月22日(金)までに下記のgoogleフォームより必要事項をご送信ください。参加費無料です。会場の収容人数により新型コロナ対策のため参加者の人数制限を行う可能性があります。また、オンライン開催の併用を検討しております。詳細が決まり次第、日本ペドロジー学会HPで公開いたします。

参加申し込み・お問合せ先:
日本ペドロジー学会2022年度大会前日企画事務局コンビーナー
筑波大学生命環境系 浅野 眞希(あさの まき)
E-mail: pedologyr4@gmail.com  電話: 029-853-4621

※新型コロナウィルス感染の影響で開催が困難と判断された場合,オンライン開催のみとなる可能性があります。 その場合は,参加登録をいただいた方にメールでご連絡するとともに、7月 31日までに学会ホームページでお知らせしますので,事前確認をお願いします。

第67回日本ペドロジー学会野外巡検「嬬恋-菅平地域の土壌を巡る」

 日本ペドロジー学会の野外巡検を2022年8月20日~21日に以下の要領で開催いたします。どうぞ奮ってご参加ください。なお,新型コロナウィルス感染の状況によっては,急遽取りやめることがあります。その場合は,7月31日までに学会ホームページでお知らせしますので,事前確認をお願いします。

テ ーマ:嬬恋-菅平地域の土壌を巡る

内  容:浅間山の異なる噴火年代堆積物上の火山放出物未熟土や黒ボク土,嬬恋村を中心とした農耕地土壌,鎌原集落泥流堆積地,筑波大学菅平高原実験所内の植生遷移と黒ボク土断面形態の変化を見学する予定です。

日  程 :2022年8月20日(土)〜8月21日(日),1泊2日
8月20日(土)
 8:00− JR上田駅(お城口)集合・出発
 8:00−10:00 バス移動
 10:00−12:00 嬬恋村地域交流センター、嬬恋郷土資料館見学および吾妻火砕流露頭観察
 12:00−12:30 バス移動
 12:30−13:30 昼食(鬼押し出し園)
 13:30−14:30 バス移動
 14:30−16:00 土壌断面・露頭観察(浅間山麓・嬬恋村)
 16:00−18:00 バス移動 
 18:00− ささや(上田市)夕食(放談会)
8月21日(日)
 8:30− JR上田駅(お城口)集合出発
 9:30−11:30 筑波大学菅平高原実験所土壌断面観察
 11:30−12:30 バス移動
 12:30 JR上田駅解散

宿 泊 地 :上田市内(宿泊は各自ビジネスホテル等をご予約ください)

コンビ-ナ-:田村 憲司(筑波大学),鹿沼 信行(群馬県農業技術センター),浅野 眞希(筑波大学),高橋 純子(筑波大学),若林 正吉(農研機構),協力(予定):浅間山北麓ジオパーク推進協議会

地 形 図 :2万5千分の1「大前」「北軽井沢」「菅平」

備  考:これまで日本ペドロジー学会の野外巡検では,参加者が同じ宿に泊まって議論することを楽しみとしてきました。しかしながら,宿泊先に団体分のシングルルームを確保することが難しいことから,今年度は各自で宿泊をご準備していただき,また,放談会の時間を短くするなどの対策のなかで実施することといたしました。コロナ禍でも巡検を継続できるよう,どうぞご理解とご協力をお願いいたします。なお,新型コロナ感染拡大の状況(まん延防止,緊急事態宣言などの発令)によっては,中止になる可能性があります。

事前参加申込:別紙の「野外巡検参加申込書(Word)」にてお申込みください。または、下記googleフォームより、必要事項をご送信下さい。

参加申し込み・問合わせ先:
筑波大学生命環境系 浅野 眞希(あさの まき)
E-mail: pedologyr4@gmail.com  電話: 029-853-4621

 

2022年06月06日